着物というもの

昨日、三軒茶屋のうどん屋でのこと。

レジでお会計をする時に、うどんを運んでくれた女の子が応対してくれたのだが、
私が着ていた着物をみて、素敵ですね、ご自分のですか?と言ってくれた。
深緑色の、少し変わった普段使いの模様の縮緬の着物は、
家の隣の方から、年末前にいただいたばかりで、せっかくだから正月にでもと、
自前で持っていた、白菜柄の、これも縮緬のやわらかな帯を合わせて着てみたのだった。

その女の子は、9日に成人式で着物を着るのだという。
締め付けられるので…と、着物は好きなのにかわいそうな話だった。
まあ・・・ね、成人式の振り袖は、成人になったお披露目なわけでさ、
それで何をするっていうものではないから、しょうがないんだって。。。

ホントはね、着物って、すっごく楽なんだよ。食べるのも、走ることだってできるんだから。
と、帯の上を空けてみせる。野球ボールの一個くらい、平気で入るくらいにゆとりができる。
着物好きなら…北沢とかね、古着屋さんでみつくろえば、一万円くらいで一揃えできたりするんだよ、と話す。へえ~っと言った女の子の目が輝いていた。
着るのも、慣れたら二十分もあれば着れるし、自分で着るから、苦しくなったりなんてしない。

着物は子供の時から好きだった。
自分で着られたらいいな~と思っていた。
お正月に着せてもらった、ウールのアンサンブルの着物が大好きだった。
成人式の時に着た、黒の古典柄の振り袖は、袖を落とさずに、
今でも大切にとってある。

20代の頃に、着付けを習った。そんなに大変ではないな…と思った。
母からお下がりをもらって、時折着てみた。夏の浴衣を母が作ってくれた。
夏には浴衣を着るようになった。
演劇で、和ものをやるようになった。
本式の着物姿は、ほとんど出てこないものの、和風な衣裳を創るようになった。
自分で仕立てることもやってみた。時間とお金があれば創りたい。。。
30過ぎてから、母のお下がりの着物等をごっそりともらった。
40になったら、毎日着物で仕事をしよう・・・と考えた。
それは、現実的ではなかったが、このところ、機会があって着ることがある。

どこかのグラビアや映画に出てくる女優さんのような、美しい着物姿は期待しない。
高島礼子さんなどは、ホントに着物が身につく方で、うらやましいけれど。

私は着物を着ると、なんだか嬉しくなってしまうのだ。
なんだかホッとするのである。ゆったりした気持を着物が運んできてくれるような気もする。
それで、そこいらを歩いて回って楽しむ。
そんな私を見かけた誰かが、あの人でも着ているのだから…私も…、
とでも思ってもらえたらいいな~と思う。
ホントに、私でも着ることができるものなんだもん。

なにしろ、昭和のある時期までは、多くの女の人が、毎日着物だったのだから。
それで、家事をこなし、仕事をし、映画にでかけ、デートもショッピングもした。
着物がそんなに窮屈なわけがない。
せっかくの世界に誇れる装束なのだから、着ないなんてもったいない。
夏の浴衣があるだけで、夏が少し豊かになる。
お正月のご挨拶や、初詣が、ちょっと特別になる。
[PR]
by yui-aoyama | 2007-01-08 01:09 | 衣裳
<< 子供に誇れるか? 命の日 >>