声と音とリズムと

今週末、金曜日、リーディングの打合せをやる。

リーディング・・・台本を読む試演といったところ。

ある夜、音楽を聴いていて
なにか、ひっかかった。
躰の中にわきあがるもの。

開放されないまま一昼夜がすぎた。
次の夜、
鏡を覗きこんで、ふと、足踏みをした。

どん どどん
どん ど どん
どん ど どん
どん ど どん
ど どん ど どん

能の所作を思い出した。
フラメンコのコンパスを思い出した。

人の躰と心を駆使して
真心を載せて届ける

それが、もともとの芸能。

はじまり
[PR]
by yui-aoyama | 2008-06-11 23:27 | 朗読
<< リーディングその後 仕事を辞めた後の半年間 >>