ちょっと、昔を思い出してみた。

4月。
新しい学校やクラスや、職場やなんかに行くようになる、この季節。
この後にくる、いわゆる「五月病」は、実は年々早くなっていて、
もうすでに、始まっているのだとか。。。

かくいう自分も、就職する年、二十歳の頃は、
フツーのOLなんてのは、まっぴら御免だったし、
いい男みつけて、永久就職などということも考えたことがなかった。
その頃は、ギター弾いたり、歌作ったり、演劇をやりたかったりと、
やたら舞台モノに惹かれていた。
といっても、主役でスポットライトを浴びて・・・とかにはあまり興味が無く、
自分が表現したいものを表現できればいい・・・という、超ワガママな欲望。

で、結局のところ、自分が選んだのは、貿易事務の仕事だった。
その頃の新卒の月給が平均十万切るくらいだったから、それからすれば破格の13万というところだけで決めた、外資系の小さな会社だった。
まるっきり、芸とはかんけーねーところを選んだのは、卒業したのが英語学校だったからだ。外資なのは、外国のやり方ってのを知りたかったから。
英語学校の授業で使っていた系列の施設は、韓国か朝鮮系の団体で、
在日の人達が普通に働いていた。近年、何かと騒がしくなったので、ふと思い出したのだが、その頃はそんなこと気にしてなかったな・・・と思う。
もしかすると、それなりな気遣いをその施設で働く人達は、していたのかもしれない・・・と思うと、楽しくすごせた二年間の学校とアルバイトの日々がありがたい気もする。そんなわけで、学校の時もアジア人を始め、欧米やらなんやらの外国の人々ともしょっちゅう顔を合わせていて(何しろ、教わっていた先生の半数以上が外国の人だったし)、いろいろな違いを聞いていたのだ。
日本にくらべてクールだな・・・と思った。付き合いの飲み会なんてないっていうし。その頃の私は、日本式の飲み会、宴会がだいっきらいだった。酔っぱらいも、説教おやじも、いちいち小うるさい、「女の子」もめんどうだった。

学校のクラスメート等は、いきなり小劇団に入って、周囲をアッと言わせたパンクロックの子や、同時通訳の名士になったり、ピースボートだかで、各国を回り、滞在先の同僚だった人と、何年か後に結婚したり、外交官の妻に収まった者、もちろん、2年程社会経験を積んで、寿結婚で引退・・・という者まで、かなり多種多様な人生を歩んでいる。 

いつだったか、クラス会の席で、私は早くに身持ちのいい人と結婚して、子供を二人ぐらい連れて歩いていそうだったのにと話してくれた人がいた。
・・・へえ、そんな風にみてくれてた人がいるんだ・・・びっくりである。

で、就職はしたものの、もともと事務職が嫌いだったこともあり、一年未満で会社を辞めた。本当は、入って三ヶ月で「もういい」と思ったのだが、それはあまりにも軽率だと思い、せめて一年くらいはできることをやろうと思った。実際、右も左もわからない貿易事務を、ベテランの銀行の担当のおばさんに、叱られながら、(でも、ちゃんと教えてくれるんだよね、これが)相手先の台湾や韓国の担当者に迷惑をかけながら、どうにか輸出入の流れを廻せるようになった。  そこを止める時にはじめて、社長を始め、上司や先輩方が、影ながらいろいろ心配していたことを話してくれて、その後二週間ほど、イベントの手伝いのアルバイトを引き続きやらせてもらった。 大人の世界は、さまざまなんだな・・・と感じて、宴会も、よっぱらいも、女の子も、ケースバイケースなのだと思うようになった。

その後、じゃあ、舞台の方へ行くのかと思いきや、そうでもない。
でも、この後の半年は、私にとって、小学校の時に見た演劇以来の体験になった。
[PR]
by yui-aoyama | 2008-04-14 00:04 | 演じる
<< 仕事を辞めた後の半年間 夏の親子劇場が、中止させられる理由 >>