ちょい、実験予定中~!

なんとなく、音が気になっている。
必要の何万倍かの音で埋め尽くされてるな~と、
雑踏を歩きながら思ったりする。

たまーに、極端に少ない音の場所に行くと、
体がほどけていく感じがする。
そんなことないっすか?

際限なく、生まれては消えていく音は
気持ちが萎えていると
溶解した鉛に押し流され、
つぶされるような感覚で、

いつだったか高いお金を払って観たのに
台詞だけがドロドロと舞台の表を流れていって、
何も届いてこない気がしたお芝居のようだ。

何を誰に届けたいか。
舞台モノをやる人は、九割方、皆考えるのではないか。
考えているという意識がなくとも、
何かをやり始めたとき、かならずソレがある。
闇雲に、ただ創りたいという欲望に駆られて…だとしても、
届けたいモノは確かにあるし、
届ける相手は、自分自身だろうと、空間だろうと、
「表す」段階では、そこにいる。
[PR]
by yui-aoyama | 2005-12-05 18:57 |
<< 気配 無謀な企画 >>