音声ブログのこと

音声ブログを始めて、一年経とうとしている。
始めの頃は、ドキドキして、声がうわずったり、
息切れしたり・・・
もちろんカムのは毎度のことで、
一頁強の文章を読むだけで、疲れ切っていた。
感情表現だの、聞きやすい区切りや、強弱などは
考えたくても、考えられなかった。
しかも基本は一発録り・・・だったから、
酷いのはひどすぎなまま、さらしてあった。
・・・聴きに来た人には、かなり失礼である。

それでも、そういうのを聞きかえしてみるのは、
面白い作業でもある。
こんなに努力の足りない奴でも、
一年つづけりゃ、少しはできるようになることもある。(キッパリ)

で、この先をどうしようか・・・と思案中。
まだ沢山、民話は残っているので、
その続きをやりながら、過去のデータは消していこうと
思っている。
ずっと聴きに来ている人がいるとすれば、
新しいのを聴きたいだろうけど、
過去に読んだ話を葬り去るのは違うような気がする。
グルグルと螺旋を書くように、さながらいろり端でばあちゃんが
何度も同じ話を語ったように、時間をあけて、何度でもやるのが
民話・伝承の在り方かな・・・とも思う。

間借りしている音声ブログなので、
容量も限られているから、
そのうちにアーカイブでも、別なところにつくろうか。。。
[PR]
by yui-aoyama | 2006-11-11 12:51 | 朗読
<< 自然(あるがまま)を探す たまに、何か書かないと、すっか... >>