異邦人

前回書いたオフィスへ再び出向いた帰り、
久しぶりに都会のショッピング街を歩いた。
クリスマスのイルミネーションがきれいで、
地下街のカフェテリアには、仕事帰りの人々が
銘々、好きな食べ物を買ってきて、語らっている。

一応、勤め人である。
一応、社会生活を営んでいる。

がっ…

どーも、違和感。
ここってどこ?というか、傍観者的な感覚が抜けない。
何を見ても購入の触手が動かない。
へえ、こんなものがあるんだ…と、ながめてまわっているけれど、
それらと自分との接点がない。

この時期はそうなのだろう。
もう10何年も前、同じ街でデートをしたことがあるが、
デートだっつーに、どうもピンとこない自分がいた。
駄作なシチュエーションドラマのようなものだ。
アドリブで会話が成り立っているものの、後で考えてもまるっきり
記憶がない、思い出もない。
[PR]
by yui-aoyama | 2005-12-18 23:43 | 街角
<< とりあえず、実験中ではあるけど... 気配 >>