長谷直美さんって…知ってるかな。

私が長谷直美さんを確かに覚えているのは、日テレのゴールデンタイムの青春ドラマで、高視聴率で製作放映回数が最終的に三倍くらいにまで伸びたという、鎌倉を舞台にしたドラマで、所謂ヒロイン、マドンナ役、しかもかなりお転婆で男前な女の子役(けれど、意外と泣き虫というか、ホントはとっても女らしい優しさや気配りのある子)だった。考えてみたら、好きだと言える数少ない女優さんの一人で、お芝居をやりたい、特に映像に興味を持ったのはこの人が居たからじゃないかと思う。
その長谷さんが、なんとディナーショーをやるというので、聴きに(どっちかというと観に)行ってきた。
日本でディナーショーっていったところで、そんなに豪華なのって余り見かけない。たぶんどこかで誰かがやっているのだろうけど、それらに参加するにはケタが違うし、言ってしまえば「用がない」。では、払える範囲でのものとなると、そこそこのホテルの大広間でやるといっても、この頃ではたかが知れている・・・ので、通常は行こうと思わない。だけど、場所と出演者を見ていて行くことに決めた。
ディナーショーって大抵は音楽のコンサートが一緒になっているものだ。食事をゆったりとしながらだったり、食後のひと時を音楽を聴いてゆったり楽しむ…というところがポイントなんだけども、それだけの長い時間、たぶん私は普通だとあきちゃう。よほどのことが無い限りは。長谷さんのは、プログラムに芝居があると書いてあった。女優だから、やってもおかしくはない。あの会場で芝居と歌と…どんな風に仕上がるのかに興味があった。長谷さんが年月を経て、噂ではイギリスで演劇を学んで帰ってきたという。たぶんアクターズゼミだろう。

結論から言うと、すっかりディナーショーを楽しんだ。
演奏者は皆一流のミュージシャンで、そのサポートで、長谷さんは旧知のブラザーコーンさんや、黒住憲吾さんを交えて、初めてのディナーショーを楽しんでいる。大変だろうな…と思いつつ、それらいろいろを含めても、アンコールの拍手をするだけのものだった。。。来年もやるのかな。少し企画は練り直すだろうけど。数年後、還暦だと話していた長谷さん。もっと遊び心を持って、素敵なステージを造ってみせてください。


と、ここからは、制作的な話。客として行って、かなりがっかりしたのは、制作する側は、もしかして単なる内輪パーティーのつもりだったんだろうかということ。受付の応対、テーブルの割り振り、チケットの確認、会場の席案内に至るまで、こんなに素人然として平気でいられる感覚がわからない。(わかるけどね) ショーの入口がアバウトだと、それだけでグレードが下がる。それとたぶん、招待のお客様。ショーの後の打ち上げの席まで、打ち解けた声掛けは控えるなり、少し考えてあげればいいのに。特に身内なら。それと、煙草と電話。食事をしている会場で、ドタバタ移動してせわしなくしなくてもいいのに。ショーの間はゆったりしてれば?せっかくだから。
(このあたりが、日本でのディナーショーには余り興味がわかない理由でもある。歌舞伎や能楽等の公演の方が、こなれている。気の利いたレストランやバー、カフェなどで、美味しい食事をしながらライブを楽しむ方が、今の日本人向きなのかもしれない)



[PR]
# by yui-aoyama | 2014-12-17 01:18 | 街角

話したい人がいますか。

前の書き込みの日付は、去年だった。
これっていう活動がなかったからだけど…。
なんだかんだと忙しかった記憶はあっても、
何でそんなに忙しかったかは、よく覚えていない。 (^^;)

朗読にしろ、歌にしろ、声を出すことで何かをやるならば、基礎はしっかりさせないと続かない。
演劇をやっていた時に、中断せざるを得なかったのは腰痛のためで、それはストレスからくる内臓疾患が主因で起きたものだった。
役者ではなく、衣裳製作や脚本書きを主体にしてからは、それほどの腰痛はなくなった。。。
朗読を始めてしばらくしてから、一年365日の朗読ポッドキャストをやった時は、風邪やら、アレルギーやら、疲労やらとあっても、やることに対してのパワーは落ちなかった。1年経った頃、朗読をただ続けているのも、なんだかもどかしくなった。
いろんな試みは、習っていた先生のところでもやったのだけど、何か気持と行動にズレが出てきた。
その頃、仕事で電話対応が増えた。そうして1日に何十本もの電話に受け答えしている間に、声の出し方がわからなくなった。電話対応って、そんなつもりがなくても、ある一定の枠に嵌っていくんだよね…。そのうちに、声が出なくなった。何を読んでもつまらない。読むこと、人に伝えることが苦痛なんだけど、自分でわかっていなかった、どうしてそうなるのかとか…。
いろんなことが重なって、自分はただ自分で在りたいのに…という、実は幼いころからの想いが、どうにもならないくらいになっていた。どちらでもいいことなら、世の中に合わせたり、折り合いをつけてもいいけど、どうして自分にとって大切なことまで嘘にしなければならないんだろう。せめてそれくらいは素直な気持でいたかった。
いろんな歌を聴いたり、話を聞いたり、聴こえてくる様々な音に耳を傾けたり…でも
自分では声を発することはしなかった。

1年半くらい前に、籠から出た。
出てみたら、なんのことはなかった。
とても楽で、心地よい世界だった。
それでも、そこにいる私を、間違っているという人はいる。
でも、嘘ついて、芝居でもないのに演じて生きるのより、ずっと誠実で、真摯なんだけど。嘘をつかれる方がいいのかな…。 どうして?

そうして、あるとき、読みたいなと思って、お話をひとつ読んだ。
声が楽になった。
そうして、あるとき、歌いたいなと思って、頭に浮かんだメロディを歌った。
面白いくらい、流れていた。

そんなこんなで、
声をどう出すか、どう使うかって、人間にとってはとても大切で重要なことなんだとしみじみ思った。

朗読…聴かせることも、読むことを伝えるのも、ごく日常の中からやるのがいい。
子供とお母さんが買い物の道すがら、お父さんとお母さんが夕ご飯時に…、近所の人が井戸端会議で…、午後のサークル活動で…日曜日のボランティアで、月曜日の会社の朝礼で。。。誰かと対話するのは、人の人たる所以なんだ。
物理的に声が出なくても。声となる前の想いは、声出す時と一緒のもので。
違うツールがその人の日常で声となっているのなら、それが声の代わりになる。

朗読…ぼちぼちはじめています。
今週初めに、日本の昔話をラジオ用に録音します。
来月初めの金曜日のお昼過ぎ、かわさきFMでオンエアされる予定です。
次の月には、私が書いたラジオ朗読用の脚本で、プチ朗読劇も…予定されています。





[PR]
# by yui-aoyama | 2014-08-10 17:59 | 朗読

音とか言葉とか声とか

久しぶりの書き込み。
今まで、演劇ネタがなかったわけではないけれど、
自分の行動にまで、引っ張ってこれてなかった。

クリスマスイブに聴きに行った音楽のライブで、
面白いことがあった。
そのライブ自体、いつも音楽はかっちりと、
でもMCははちゃめちゃにはじけている。。。から、それだけでも面白いわけだけど。
そーゆー面白さではなく。

音楽は、聴く人の心、思考や精神に、少なからず影響がある・・・というのはおよそ一般的にも常識だから、その延長線上のこととなれば、ごく普通に起きていてもいいことではある。
けれど、実際に具現することは、日常ではあまりないんだろうと思った。

それは、ラッパーにはごく当然の行動なんだなとあとで思いついた。
旋律やリズムを聴いていて、言葉が溢れてくる。
普通は、声にすることなく、思考に留められていくもの。
それを捉えた瞬間に声にしてしまうというのは、
即興性のむずかしさがあって、なかなかタイミング良くだせなかったりする。
たまたま、なんかのはずみで、
言葉を発してみたら、ひとしきり続いて、止まった。

ん~なんだろな。
面白いけど、ウェブで再現できるものかな・・・。
[PR]
# by yui-aoyama | 2013-12-26 01:23

名取で行われる、少し変わった映画祭のこと(声優の募集)

昨年の東日本の震災の後、お知り合いになった方で、宮城県の名取市で「世界子供短編映画祭」というのを行っている、田母上尚久さんのツイートをご紹介します。
ご存じの通り、大地震による津波に飲まれてしまった宮城の海沿いですが、地域ごとに少しずつ動き出しているようです。その中の1つでもある活動です。

「震災で延期になっていた[第4回世界子供短編映画祭@masda]、7月14日(土)、7月15日(日)に再開が決まりましたが、被災の影響で多くの声優が参加出来なくなりました。仙台、名取近辺の方、声優大募集です。連絡先は;増田公民館:022-384-2432です。皆様ご協力を。」 @stellartamoさんのツイートより。

復興をしていく宮城で、予算などもふんだんに出るわけではない中にあって、こういう類の事柄もこれから増えていくのでしょう。声を使うことを末席とはいえやっている者としては、是非いい催しとなって、地域や日本の復興の力になってほしいと思います。

サイトには、復活第一弾の日程のご案内は出ていますが、詳細については震災前のものが出ているので、
参考として閲覧できます。 

参加してみたい人は、上記の公民館宛に連絡するか、もしくは田母上さんのツイートにコメントしてもいいかもしれません。
[PR]
# by yui-aoyama | 2012-04-05 00:32 | 演じる

めずらしく、朗読の公演のお知らせ

突然ですが、

平成24年3月31日(土)の12時から、東京は有明のTFTビルのホール500ってところで、
「渡辺陽一 みんなの朗読コンサート」なるものに、出演します。

先月まではそんなことになるとは決まっていなかったのですが、出ます。

といっても、沢山参加者がいる、手作り朗読コンサートの構成メンバーの一人なので、
気は楽です。

コンサートは一部と二部に分かれていて、それぞれ、同じ演目を違うメンバーでやります。
リーダー(?)は、癒し系戦場カメラマン(??)の渡辺陽一さん。
先日、顔合わせ&読み合わせ稽古で、お会いしましたが、
テレビやインターネットでお見かけする、あのまんまな方でした。。。

渡辺さん以外の出演者は、募集に応募した、小学生からご高齢の方まで、学歴も職歴も人生経験も様々な人々です。
コンサートのタイトル通り、「みんなの」です。
演目は、詩とお話があります。 詩は渡辺陽一さんの朗読CD「Father's Voice」からのもので、とても素敵な詩です。お話は、宮澤賢治や太宰治、夏目漱石、新美南吉と、子供達の方が良く知っている演目です。

シリーズものにすることを意図して開かれるコンサートの第1回目なので、第2回目以降、出てみたいという人は是非参加してみてください。
当日会場に直接行っても入れるかと思います。
当日券は割高なので、イープラスなどで、チケットは販売されているので、前売りをお勧めします。

「渡辺陽一 みんなの朗読コンサート」で検索して詳細を確認してください。
[PR]
# by yui-aoyama | 2012-03-26 02:41 | 朗読

人のふり見て我がふりを・・・

先日、めずらしく自分より大分若いポップス系のバンドのライブを聴いてきた。
Soonersとか、以前は良くインディーズのバンドやソロのボーカリストの路上ライブなどを聴いて回っていたのだけれど、最近は路上ライブ自体がなにかしらの管理下に置かれているのか、抜きん出たパフォーマーに出会わない。

「もりきこ」という、横浜の・・・でもどちらかというと川崎寄りの鶴見出身のアコースティック・デュオが、ベースとドラムスを加えてバンド編成になったもの。
デュオで活動していた時が長く、最近になってバンド編成になったらしい。
そのせいか、デュオ編成での演奏では、いいコーラスがあり、楽器とのバランスも悪くないのに、
バンド編成になると、とたんに曲の構成が崩れてしまう。 

何曲か聴くうちに、演劇や朗読の現場での光景が目に浮かび、なにより自分自身のこととして、その問題点がみえてきた。
どのポイントを押さえられていないから、拡散するばかりで、集約していかず、作品のアウトラインがぼやけたままのパフォーマンスになるのか。声にしろ、音にしろ、演り手の意志が明確に載っていない限り、聴き手には届かない。距離的に届く、届かないという話ではない。

その若手のステージの前に、ベテランのロックバンドの演奏を聴いた。こちらは贔屓のバンドなので何度も聴いている。けれど、その後の若手の演奏を聴いて(聴きながら)、思い起こすと、バンドの全員が当たり前にやっていることがあると改めて確認できた。だから、ベテランのプロなんだけどね。 でも世の中の、「ベテランのプロ」が、必ずしも皆それができている・・・という分けでもない。自分の仕事に対する姿勢、生き様なんだろうな・・・と最近は考えている。 
だから、ポッと出のアーティストでも、その姿勢があり生き様がしっかりしていると、おのずとそれが反映された作品に触れることができる。

振り返ってみて、自分が演劇でやったことは、その時その時の、かなりギリギリ精一杯やれることはやった・・・と、終演時に思えるように活動してきている(端からの期待や要望に応えているという意味ではない)。
本当に集中して、そこに力を注げている時は、できること、できないことが瞬時に判断できるし、必要なもの、不要なものもかなり具体的にみえる。 そういう仕事ができたときは、かならず次への道標となる。これは、芸術に限らず、事務職をはじめとしたどんな仕事でも一緒だと思う。
[PR]
# by yui-aoyama | 2010-10-26 16:07 | 徒然

ひさしぶりに、書き下ろしオリジナル脚本書いてみた。

昨年、まるっきり創作意欲なるものが失せていたのだけれど、今年になって、書こうという気になった。

上演されることになったら、書き下ろしのオリジナルとしては、光☆夜明けのばんに、つくし、に続いて三作目。

本当は、その他にもいくつか書いているものの、演じる側の事情で公演には至っていなかったりする。
[PR]
# by yui-aoyama | 2010-04-04 01:57 | 徒然

なまけ者の活動記-滑舌

今年は、どうも考えあぐねてしまうことが多い。

いまさらのように、どうやって言葉をしゃべればいいのか・・・と悩んでいた。

だってさ、自在じゃないんだもん。 自由にしゃべる余裕がもてない。

楽しいだけではないところへ足を踏み入れたからには、みつけたいものをさがしあてなければ、出口はないわけで・・・。道のりは果てしなく遠く思える。


日本語は、舌の動きが軽妙でないと、しゃべることができない言語だそうだ。

あれこれと、改めて自分の口の中の動きを観察してみると、なるほどそれぞれに

役割があって、すべてがその役割をこなすことで、きちんとした言葉や音となることが

わかった。それができないと、響かせること、伝えることにつながっていかない。

(とはいえ、一番大切なのは心であることは、変わりないのだけれど)

それぞれに役割がある・・・といっても、実は複雑ではなく、一つ一つのことがきちんと毎回できていれば、素直に声も音も出せるらしい。「毎回」というところがポイント。

滑舌が悪くなるとき、一番に考えられるのは、顔の筋肉が衰えていて、発音を支えきれていないこと。

口端に集まる筋肉すべてが健全に動かないと、どこかで無理をする。

精神的な影響などで、顔の表情が乏しくなり、特に口角が下がったり、頬が平坦なままでしゃべるようだと、てきめんに滑舌は悪くなり声も届かなくなる。
[PR]
# by yui-aoyama | 2009-12-05 22:14 |

クロスロードアクターズクラブ 親子劇場Vol.19公演!

演目は、銀河鉄道の夜。
言わずと知れた、宮沢賢治のアレ。

脚本は、童話、民話作家で、戯曲も手がける、さねとうあきら氏。
クロスロードアクターズクラブの代表作のひとつ、「べっかんこ鬼」の作者でもある。

 公演日は、今月16~19日の四日間。
 いつもの、麻布区民センターホールです。
 
  もう、予約開始しています。

  詳細と申し込みは、クロスロードのオフィシャルサイトへ。
[PR]
# by yui-aoyama | 2009-07-01 00:28 | 演じる

クロスロード・アクターズ・クラブの公式サイト

クロスロード・アクターズ・クラブの若手女優が、
忙しい合間をぬって、
クロスロードのサイトをリニューアルしてくれました。エライ!!

そんなわけですから、一度、見にいってあげてください。>>ここ読んだ人。
彼女にとって、初めての試みだったようなので、親切なアドバイスもお待ちしています。

音源も、ところどころ載ってます。。。音質最悪だけどさ・・・。
シナリオは、私のサイトの方がマシかな。。。
[PR]
# by yui-aoyama | 2009-02-19 20:18 | 徒然